看護師バイトの仕事内容 看護師バイトの働き方

看護師の夜勤バイト(専従掛け持ち)について詳しくワカルページ

投稿日:2015年12月18日 更新日:

0_19

看護師の夜勤バイトトップ
看護師の働き方には、常勤、非常勤、派遣など、様々な雇用形態があります。
その中には、夜勤を専門に行う夜勤専従看護師があります。

夜勤専従看護師は、様々な事情により夜勤に入れない常勤看護師の代わりに夜勤勤務をします。
夜勤専従がいることで、病院の人数調整や夜勤制限、シフトの穴埋めなどの事情を解決できます。
そのため、病院にとって夜勤専従看護師はかなり需要の高い存在です。

夜勤専従のバイト求人が魅力的なワケとは?

0_04

夜勤専従看護師のバイトが魅力的な理由は大きく3つあります。

0_01

常勤の看護師が夜勤で働くことができる時間は、1ヶ月で144時間と制限されています。
そのため常勤の看護師は、平均で8~9回がその条件となってしまいます。
しかし夜勤専従看護師の場合は制限がなく、それ以上の勤務に入ることができます。
日給・時給が高い夜勤の回数が無制限となり多くなることから、収入が高くなるのです。

0_02

常勤の場合は2交替制であれば日勤と夜勤、3交替制であれば日勤、準夜勤、深夜勤に入らなければなりませんよね。
どれかに固定されるわけではないので、その分生活リズムが乱れがちになります。

一方、夜勤専従であれば夕方か深夜からスタートの勤務と時間が固定化されています。
日勤をしなくていいことから、一度なれてしまえば生活リズムが整えやすくなります。

0_03

2交替制の病院で夜勤に入った場合、夜勤が終わった日は夜勤明けになり、翌日は休みになります。
このリズムが続くので、小さい子供がいる場合は子供と一緒に入られる時間が増えます。

ただし、夜勤中に子供の面倒を見てもらえるところを探しておかなければなりません。
そこで預け先がない場合は、保育所完備の病院がおすすめ!
夜勤に入っている時間だけ院内保育に預かってもらえて、送り迎えの必要もなく子供と一緒に帰ることが可能ですよ。

このような点から、夜勤専従という働き方を選択する看護師が増えてきています。

こんなあなたにおすすめ!夜勤専従にマッチしている人

0_05

看護師の常勤の多くは夜勤ありのシフト制。
日勤+月に数回の夜勤の場合、収入面は月に25万~32万円程度しか稼げません。
勤務は4週8休と月に20日以上の勤務、さらに生活リズムが崩れる毎日となります。

一方、夜勤であれば1回の勤務で夜勤手当も含めてかなりの額を稼ぐことができます。
月に10日程度の勤務で収入は30万円を超えます。
そのため、少ない勤務で効率よく稼ぎたい方は夜勤専従看護師にマッチしています。

0_06

効率よく稼げることから夜勤専従は休日が多く、夜勤が終わればその日は夜勤明け、次の日は休みです。
有給などの長期休みも取れやすく、趣味や子供との時間も取れます。
プライベートの時間を大事にしたい看護師は夜勤専従看護師にマッチしているのです。

 

そして、夜勤専従は通常業務以外を割り当てられることが少なくなります。
日勤をしないことから、新人教育や会議に参加する機会もまずありません。
また日勤であれば、看護師としての業務とは関係ない委員会などに時間をとられる場合もあります。

しかし夜勤であればそういった業務はありません。
看護師としての業務以外の仕事が少ないので、ストレスを感じることなく看護師としての仕事に打ち込めます。
わずらわしい業務から解放されたいという方は、夜勤専従看護師がマッチしているといえます。

0_10

そのほかにも、夜勤専従はさまざまな働き方を許容してくれます。
退職した看護師が次の職場を見つけるまで、手技などの技術を忘れないようにするために夜勤専従に勤務するなんてケースも。
ひたすら看護業務を行いたい方や、あえて看護師の人数配置が少ない病院の夜勤に入るなどのやりがいを持って仕事をしている方もいます。
一度夜勤にチャレンジしてみて、自分が夜勤に向いているかどうかを図ってみるのもオススメですよ。

業務内容教えます!夜勤専従のバイトはどんな仕事をするの?

夜勤専従看護師の業務内容としては、交替制で働いている常勤看護師が夜勤で行うものと変わりません。
業務は定時に行われるもの、必要に応じて行われるもの、随時対応するものに分かれます。

0_07

  • 夕食、朝食時の食事介助
  • 朝食時に内服する薬の配薬
  • 夕食、朝食時の服薬
  • 病棟の巡回
  • 医療機器の管理
  • 採血
  • 申し送り

0_08

  • 日勤分の点滴などの準備など
  • 点滴の交換
  • トイレ介助
  • 看護記録記載や整理など
  • オムツの交換
  • 体位の交換
  • バイタルサインチェック
  • 翌日日勤の準備(入院検査薬剤など)

0_09

  • 緊急入院があった際の受け入れ
  • ナースコールへの対応
急性期病棟や救急指定病院であれば、24時間手術対応している病院もあります。
そういった場合であれば、手術戻りの対応も業務に入ってきます。
オムツの交換や体位の交換は療養型病院や回復期リハビリテーション病院、介護施設などの夜勤によく見られます。

一言で夜勤と言っても、病院によって職場環境は大きく異なります。

イレギュラーな業務が入るのか、バタバタ忙しいのか、力仕事の業務が多いのかなどその職場環境はさまざま。
病院の傾向やどういった患者さんが多い病院のかなども、しっかり知っておく必要があります。

夜勤専従のバイト 看護師募集が多い職場はどこ?その特徴は?

1.病床数の多い総合病院や一般病院

夜勤専従看護師の人数が必要なので、常に募集がなされています。

夜勤業務はルーチンワーク化されていて働きやすく、時給の高さや福利厚生も抜群!
病棟勤務の夜勤専従は副業で行っている人も多いことから、夜勤バイトに対して病院側の理解がある点も働きやすさの1つです。

ただし急患や夜間介助が必要な患者が多いため、夜勤とはいえ忙しい職場です。
救急・療養病棟・一般病棟と、配属先がどこになるのかでも忙しさが異なるので、事前の配属先チェックが重要です。

2.特別養護老人ホームやグループホームなどの介護福祉施設

最近は介護福祉施設での夜勤専従看護師の需要がとても高く、地域によっては一般病院よりも募集が増えています。
主な業務内容は入居者の健康管理のバイタルチェックや服薬管理等になります。

救急患者がおらず、体調が悪化する入所者も少ないので、まったりと夜勤勤務ができます。
医療行為を行うこともないので、介護福祉施設は病院に比べて比較的業務が楽だと言えます。
さらに、介護施設は運営が企業となるので給与が高い傾向にあり、夜勤勤務平均の31,000円を超える所も少なくありません。

ただし、医療に接する機会が減るので看護技術は衰えてしまいがち。
常駐医師もおらず、医療従事者は夜勤看護師1人だけといった施設もあるので、万が一の時は看護師判断が重要になります。
看護師のキャリアや知識がある人に向いている職場です。

3.有床診療所などのクリニック

有床クリニックでも夜勤専従看護師は募集されています。
患者数が少なく、休憩や仮眠時間がしっかり取りやすいので夜勤勤務でもそれほど疲れません。
初めて夜勤の仕事に入る方には特にオススメの勤務体系といえるでしょう。

給与は大きな病院に比べて低くはなってしまいます。
しかし、日勤看護師よりも高い給与をもらえるので、いいところ取りの職場とも言えます。

夜勤専従のバイト 人気の施設とその理由

人気転職サイトの一つでもある看護roo!の公開求人にて東京都内で夜勤のみの勤務条件で検索!
すると一般病院が138件、大学病院が1件、療養型病院が59件、精神病院が6件、クリニックが15件、訪問看護が1件、介護施設が60件該当しました。

さらに非公開求人もありますが、全体的に見て一般病院と療養型病院、介護施設が大半を占めていることが分かります。

0_11

同じ夜勤専従でも、直接雇用のパート(非常勤)での勤務か、派遣による単発勤務になるのかの違いはあります。
中でも夜勤専従看護師バイトの単発案件で人気なのはクリニックや検診センターの夜勤があります。

人気の理由は疾患部位以外に問題のない患者が多く、容態が急変する可能性が低いので比較的楽な点があげられます。
例えば眼科のような特殊な診療科では手術した箇所以外の問題がなく、ナースコールで呼ばれる心配はほとんどありません。
検診センターの場合は検査入院の患者が多いなど、万が一のことが起こる確率が低いのです。

一方、求人数の多い一般病院や療養型病院、介護施設は夜勤の勤務体制がしっかりしている病院施設の人気が高くなります。
ただ療養型病院はトイレ介助などの力仕事が多い、介護施設も看護師1名体制が多いなど、その責任も大きくなることから敬遠されがちです。

看護師 夜勤専従のバイトなら年収でどれぐらいになる?

夜勤専従看護師アルバイトの場合、時給もしくは日給で計算され、働いた時間日数に基づいて給与が支給されます。
時給制の場合は、夜勤専従看護師の時給×働いた時間、日給制の場合は1回あたりの勤務給(基本給+夜勤手当)×入った日数で計算されます。
さらに資格手当などの諸手当が加算された金額が、夜勤専従看護師の給与になります。

0_12

日給ベースの夜勤専従看護師の1回あたりの勤務で支給される平均給与

  • 2交替制の場合で31,000円前後
  • 3交替制の準夜勤で18,000円前後
  • 深夜勤で23,000円前後

夜勤専従看護師には、常勤看護師のように夜勤に入る回数の上限はありません。
望めば10回以上夜勤に入ることも可能です。

勤務回数は医療機関ごとに勤務時間の割り振りが異なりますが、平均的には以下の通り。

  • 2交替制では月に8~10回
  • 3交替制では準夜勤と深夜勤に4~5回ずつ

月に合計8~10回の勤務という計算になります。

そして平均額が支給されると仮定すると、年収の目安はこちら。

  • 2交替制の場合は298万円~372万円+手当
  • 3交替制の場合は393.6万円~492万円+手当

※年収は夜勤専従看護師でフルに働いた場合の金額です。
さらに手当の金額や働いた日数により前後します。

夜勤専従で働いている人の1週間の流れ

0_15
病棟や介護施設で働いている場合は、常勤で働いている看護師と同様に、土日祝日関係なく勤務します。

0_13

2交替制の場合、夜勤がある日は夕方から勤務に入ります。
勤務は16時30分~17時から勤務開始、翌朝8時30分~9時30分頃までになります。
主な業務は点滴の投与や夕食朝食の配膳、血糖値の測定、病棟の巡回などを行います。

拘束時間は16時間~16時間30分と、非常に長いです。
この間に仮眠2時間、食事休憩が夜30分、朝1時間の合計1時間30分あるため、実働は12時間30分~13時間程度
夜勤が終わった日は夜勤明けとなり、その翌日まで休みになります。

次の勤務は翌々日の夕方から夜勤に入ります。
このようにして月に合計8~10回のペースで2交替制の夜勤に入る計算になります。

0_14

3交替制の場合は準夜勤と深夜勤に分かれます。

準夜勤は夕方から勤務に入り、深夜1時過ぎ頃に勤務を終えます。
勤務時間は休憩が30分~1時間と、準夜勤の勤務実働は8時間前後

深夜勤務は深夜23時30分~24時30分から勤務に入り、翌朝9時~9時30分頃に勤務を終えます。
仮眠が2時間、朝の食事休憩に30分が含まれるため、深夜勤務の実働は7時間~8時間です。

2交替制の夜勤と同じく、夜勤が終わった日は夜勤明け、その翌日が休みとなります。

翌々日の夕方、もしくは深夜から準夜勤または深夜勤に入ります。
こうして一定の間隔で夜勤(準夜勤深夜勤)に入ると、約8~9回は入っていることになります。
連休を取らない限り、夜勤に入って明けを含んで2日休み、夜勤というリズムで1週間を過ごすことになります。

 

nurse

看護師 バイト夜勤専従の高収入モデル

病院では、主に高齢者の入院患者が多い内科病棟で勤務していました。高齢者介護に興味がありますし、老人ホームの勤務をしてみたいと思っていたので、思い切って病院を辞めて介護施設で夜勤専従のアルバイトをしています。看護師は私一人で責任は重たいですが、トイレ介助など介護スタッフの方に教えてもらいながら行えます。夜勤に月10回程度は入る機会があって月給で33万円、手当込みの年収で480万円くらいはもらえています。
常勤で日勤夜勤をこなしていましたが体調を崩して退職して、今は回復期病院で夜勤専従看護師のバイトをしています。主に在宅復帰を目標にしてリハビリの介助なども行っている分、給与は高給で月10回で月給は35万、年収では手当込みで510万円もらっています。その他、院内託児所もあるので、子供がいても安心して働けます。

私は老人介護施設で、夜勤専従看護師をしています。介護施設の場合、医療行為は少ないですが、急変がない時は食事や起床の介助、記録業務が主です。若干力仕事が多いですが、精神的負担は少ない業務です。大手なので、月収で41万円、年収は手当込みで570万円くらいはもらっています。アルバイトパートで夜勤専従を探すポイントは、1回あたりの給与も大切ですが勤務体制も大切です。看護師が1人なの複数なのか、勤務形態でも違ってきます。

 

夜勤のデメリットは?常勤の看護師さんが夜勤を嫌がる理由

0_18
夜勤専従看護師は1回の勤務の給料が高いこともあり、少ない勤務回数で稼ぎたいと考える看護師の間で人気が高いです。
その反面デメリットも少なからずあります。

0_16
一番のデメリットは、1回あたりの拘束時間が長いこと。
2交替の場合は途中で仮眠や休憩が入るとはいえ、合計3時間~3時間30分。
慣れないうちは身体的負担が大きくなります。

3交替で勤務する場合は、準夜勤と深夜勤の間隔が近いことがあげられます。
準夜勤と深夜勤の間の休憩を上手に取らないと、寝不足のまま勤務するということになりかねません。
夜勤の勤務看護師数も少ないので、より多くの判断を求められる場面も多くなります。

0_17
2つ目のデメリットは、日勤がないため担当する患者さんの様子を把握しきれない点があります。
夕方からの勤務の場合は、消灯の21時までは多少患者さんと話す機会もあります。
しかし、それだけでは日勤もこなしている看護師のように詳しくは把握しきれません。
コミュニケーションを取って患者さんの体調などを把握したいと考えている方には、デメリットになりえるでしょう。

気になる疑問解決!QアンドAコーナー

q2 夜勤専従のバイト代 いくらぐらいが平均なの?

a2夜勤専従バイトと日勤をしている看護師が夜勤に入るのとでは、1回あたりの夜勤の給料が異なります。

まず、夜勤専従バイト(二交代制)の募集では1回3万円から4万円となっています。
この金額は日勤看護師の夜勤手当より6、000~8、000円も多くなります。
なんと月に10回こなすだけで30万~40万円もの収入が得られます。

一方、日勤看護師は夜勤をこなしても、病院の夜勤手当は6000円以下の場合もあります。
これでは月の給与が30~40万円に到達する病院が少ないのが現状です。

なぜ夜勤専従バイトと日勤看護師の夜勤手当はこれほどの差があるのでしょうか。
それは、看護師夜勤は病院のピンチヒッターとして勤務し、様々な状況に対応する仕事だからです。
肉体的にも精神的にもかなりの重労働となるため、夜勤専従バイトのはお給料は日勤よりも期待できる金額になります。

さらに日勤看護師では夜勤手当の「手当」として支給されるため、高時給である夜勤専従バイトと金額差が出てしまいます。
夜勤バイトだからこそ高い収入を得ることができるのです。

夜勤専従バイトであれば、月に2~3回入るだけでも10万円近い金額を得られます。
そのため、しっかり稼ぎたい方は夜勤専従バイトを選ぶと良いですね。
夜勤専従のバイト求人も多いので、チェックしてみると良いでしょう。

 

q2夜勤専従のバイトって単発でもできるの?

a2夜勤の看護師も不足しているため今では単発の募集も数多くあります
その理由として、近年では人手不足の病院が多く、都合の良い単発看護師が意外と募集されているからです。
とはいえ、単発の夜勤は大変なのでは?と思われるでしょう。看護師は働き手の人数が多いので申し送りという情報共有で成り立っています。
さらに日々の病院や患者さんの様子を日々確認しているから分かるものもありますよね。
単発の夜勤専従はこういった点で難しいこともありますが、対応できるような環境も整えてくれています。常勤の方と同じような働き方を求められているわけではないので、基本の夜勤の対応をすれば大丈夫です。
働き方に関しても、単発であれば月に1回などでも良いところもあります。
単発はいろいろな求人を探せるので、自分の都合に合わせて働けますよ。

 

q2 看護師の夜勤専従は子持ちでも働いて大丈夫なの?

a2夜勤専従は子持ちでも働くことは可能です。
ただし、子供を預かってくれる場所を探さなくてはなりません。
逆に言えば子供を預かってくれる場所がさえあれば、夜勤専従でも働くことはできるのです。いずれにしろ、看護師さんは常勤であっても基本的に夜勤もこなさなければなりません。
入院患者がいたり、救急外来を受け付けている病院では必ずと言ってよいほど夜勤はあるでしょう。
そのため常勤でも夜勤専従でも夜勤があることには変わりはないのです。そこで、勤務先で子供の預かり場所を自分で確保する必要があります。
中には病院内に保育所がある院内保育や、近所の保育園を紹介してくれる場合もありますよ。預け先の確保をして、子供がいてもしっかり働ける環境を作ること。
その上できちんと夜勤をこなしてくれるのであれば、子供がいても働くことはできます。もちろん子供の急病時のことも考えておきましょう。
夜勤の看護師は配置人数が少ないので、一人でも抜けてしまうと大変なことになってしまいます。
病児保育の利用や院内保育などを利用できる環境が必要になります。
職場に迷惑のかからない方法を考えた上で働くことをオススメします。

 

q2 夜勤の72時間ルールとは?

a2看護師といえば夜勤はつきもの。
しかし、きつい仕事でもお給料がたくさんほしい方には都合が良いという事もあるでしょう。

とはいえ夜勤の回数を自分の思うように増やすという事も出来ません。

それは看護師の過重労働を防ぐためにも夜勤は月に72時間までにしなければならないというルールがあるためです。
このルールは過重労働から看護師を守るための大切なルールです。
病院はこの72時間ルールを守らなければなりません。
そのため常勤勤務の場合は、夜勤に多く入ることができないのです。

72時間ルールに則ると月平均で二交代制の場合は4回、三交代制の場合で9回までは入れることになります。
ルールがあることで、月に何回も夜勤に入らなければならないという無理な勤務が禁止されているのです。

しかし、72時間ルールがあることで夜勤制限を受けてしまい、これでは夜勤の人数が足りません。
そこで夜勤専従に関しては上限が取り払われ制限なく働くことができるのです。
そのため、夜勤専従の看護師はたくさん働いてほしい病院にも、たくさん稼ぎたい看護師にもありがたい存在なのです。 夜勤専従に関する上限が取り払われたのも近年のこと。
これによって働きやすくなり、看護師も自由に選択できるようになったでしょう。
ただし、介護施設や救急治療室、病院体制などによっては72時間ルールが適用されない現場もあります。
日勤と夜勤のバランスをうまく取れるような職場を探す、または夜勤専従になるかで上手に72時間ルールを利用しましょう。

 
MCナースママさん看護師トップ

目的別ガイドライン

ママさん看護師バナー単発日払いバナー看護師時給バナー看護師時給バナー

ツアーナースも可能な転職サイト

MCナースネットバナー

-看護師バイトの仕事内容, 看護師バイトの働き方

Copyright© 看護師バイト完全navi※単発、転職、求人がワカルサイト , 2017 AllRights Reserved.