看護師バイトの働き方

個人病院と企業病院、バイトで働くならどっちがおすすめ?

投稿日:2015年4月30日 更新日:

001

個人病院と企業病院の大きな違いは、「規模」といえます。個人病院でも大きな病院はありますが、ほとんどが小規模な病院(入院床が20床以上)です。両者も入院患者がいるわけで、夜勤はあります。

診療科・チームとなる医療従事者の数は規模の差から企業病院が多いでしょう。研修や福利厚生が整っているのも企業病院です。「規模」という面から見ると、企業病院の場合、常勤で働くほうがメリットは多くあるのではないでしょうか。

対して、個人病院は、アットホームであることが特徴となっています。
ある程度時間や給与面で融通がきくというメリットがあります。個人病院というと、病院の経営状態や人間関係・職場環境など常勤として入る場合、確認事項がたくさんあります。
しかし、バイトで働くということであれば、融通のきく個人病院のほうが働きやすいといえます。ここまでは、時間の融通という面からみたおすすめです。

では、実際の働く仕事内容や職場環境からみた場合どちらがおすすめといえるでしょうか。個人病院の「アットホーム」という言葉にもひっかかりますよね。ある程度、院長先生の関係者から成り立つ病院では色々な人間模様があることが予測されます。また設立当初から働いている看護師のやり方がその病院のやり方になっている場合もあります。

コスト面での管理の仕方や緊急時の医師とのやりとりなどはどうなっているのだろうか。時間的な融通がきくとはいえ、よくリサーチする必要があります。
対して、企業病院ではバイトで入っているスタッフは全体からすると少ないとはいえ教育体制もありますし、福利厚生にも恵まれています。業務内容においても、何ら常勤とは変わりない状況で働くことができます。体制の整ったところで安心して働きたいとなれば、バイトだとしても企業病院がよいでしょう。

001

当たりはずれという言葉が的確かはわかりませんが、その人にとって「あたり」であれば個人病院がバイトには向いているといえますし、はずれを避けたいのならば企業病院でのバイトをおすすめしたいと思います。

こちらもチェック「マイナビ看護師のサービスとまとめ」

あわせて読みたいこちらの記事「看護師のバイト(パート)時給をナビ!平均は?高収入はある?」

目的別ガイドライン

ママさん看護師バナー単発日払いバナー看護師時給バナー看護師時給バナー

各転職サイトの特徴と強み

ナースではたらこバナー MCナースネットバナー 看護のお仕事バナー

-看護師バイトの働き方

Copyright© 看護師バイト完全navi※単発、転職、求人がワカルサイト , 2017 AllRights Reserved.