看護師バイトの働き方

準夜勤の看護師バイトの求人情報 時給や時間、おすすめ科目を紹介

投稿日:

08

看護師の準夜勤とは何か?

看護師の準夜勤とは、夕方に出勤して深夜に勤務が終わることを言います。

深夜に帰宅する必要があって、女性が多いナースは少し不安に思ってしまうこともあるのですが、昼間の引き継ぎや残っている患者さんの処置など、やることは一杯で時間はあっという間に過ぎていきます。

一般的に、準夜勤は看護記録などを処理することが多いです。事務作業が多く、翌日入院される患者さんのカルテの準備などを行うなど、デスクワークが大変です。

準夜勤を募集している科目

さまざまな科目で準夜勤を募集しています。

外科、産婦人科、麻酔科、皮膚科、整形外科、眼科、内科、循環器科など、いろいろな科目で募集していますので、準夜勤をして稼いでみたい方は、それらの科目の中から自分の専門とする科目を見つけると良いでしょう。

準夜勤の時給

09
準夜勤は、夜勤ほど高くはありませんが時給が高いです。日勤よりも条件がよくて、割のいいところだと2300円ほど稼げるところもあります。時給が安いところでも1500円ぐらいでとても稼げます。

準夜勤は夜の睡眠さえしっかりしていれば、それほど生活リズムが乱れるということもなく、自律神経が乱れるということもないまま、十分にお金を稼ぐことができます。

一度の勤務で10,000円~15,000円ほど稼げるのが魅力です。高いところでは一回の勤務で2万円近く稼げる所もあるのです。準夜勤は、仕事のハードさに比例して給与も高くなりがちです。稼ぐチャンスですので、アルバイトとしては魅力的です。

準夜勤の労働時間

看護師の仕事は、病院によって二交代制と三交代制にわかれています。24時間を3つにわけて、8時間労働で区切るというものです。

日勤が午前8時から午後4時
準夜勤が午後4時から午前0時
夜勤が午前0時から午前8時

というものです。

病院によって時間は多少前後しますが、8時間毎に三交代制で時間を割っているのが特徴です。

準夜勤のスケジュール

では、準夜勤のスケジュールを見ていきましょう。病院で一体どんなことをするのか、わかっておいたほうが何かと好都合ですよね。

 16:00  勤務スタート。担当する患者さんの情報をまとめる。
 16:10  日勤からの申し送り事項を受け取る。
 16:20  夕食後の薬や、寝る前の薬などの準備を行います。点滴なども準備します。
 17:00  患者訪問。患者さんにご挨拶を行います。
 17:30  夕食の準備を行います。
 17:45  夕食と薬を配ります。食事介助が必要なときは、介助を行います。
18:30  少し休憩します。
19:00 看護ケアで検温や処置を行います。イブニングケアを行って、患者さんの面倒を見ます。
20:00  睡眠の前の薬を配ります。
21:00  消灯します。トイレ介助なども行います。眠れない患者さんの対応をすることもあります。
24:00  巡回を行います。
00:40  深夜勤の人たちに申し送りを行います。
01:15  勤務終了です。帰宅します。

こうしたスケジュールが一般的ですが、病院によってスタートの時間は若干異なったり、最初の申し送り事項が分厚くなったりなど、細かな違いがいろいろあります。

ここが大変!準夜勤の苦労

10
準夜勤は、消灯を終えたらマッタリしています。ですが、それまでは寝る前の準備でバタバタしています。患者さんのケアを行って、薬の配薬を行い、病院内の引き継ぎなども重要です。仕事のスタートから結構忙しいのが準夜勤の大変なところです。

また、仕事が終わるのがちょうど深夜0時頃になりますので、その後すぐに寝付けないというプライベートでの生活リズムをつけるのが大変だという苦労もあります。

深夜0時に仕事を終えるのは大変ですし、夜道も怖いと思う人も多いかもしれません。そうした仕事以外の面でのリズム取りや生活のバランスなども、課題かもしれません。

ですが、ほどほどに昼夜逆転にならずに稼ぐためには、準夜勤での仕事は看護師にとって欠かせない仕事なのです。

ここがいい、準夜勤の魅力!

11
大変さを見てきたところで、反対に準夜勤の魅力についても見ていきましょう。

まず、準夜勤は深夜勤並の手当で、それほど生活習慣が崩れないのが魅力です。深夜の1時2時までだったら、普通の日勤でも起きている人は多いと思います。準夜勤は、仕事が0時過ぎに終わりますので、その後自宅に帰ってゆっくりお風呂に入って、あとはさっさと寝てしまえば、それほど昼夜逆転にもなりません。

そして、手厚い日給・時給がもらえるのが最大の魅力です。また、仕事も、夜9時の消灯を過ぎれば、あとはリラックスしてまったり過ごせるというのも魅力のひとつです。

準夜勤をがんばっている人の口コミ

では、準夜勤を頑張っている人の口コミを見ていきましょう。

0_29
Aさん
準夜勤は、日勤と夜勤のあいだにあって、夕方16時ぐらいから勤務がスタートします。ちょうど体がだるくなってくる頃からの仕事スタートですので、なかなか大変です。特に、準夜勤は寝る前の準備がいろいろあって忙しく、日勤がやりこぼした仕事なども引き継いで行かなければならないので、やることがいろいろあります。

ですが、消灯のあとはまったりしていて、夜勤への引き継ぎをじっくりと行うことができます。夜遅くに仕事が終わるのが難点ですが、なんとかプライベートとの両立は可能です。

その分だけ早く活動すればいいので、日中の時間を自由に過ごせるのがいいですね。


0_29
Bさん
準夜勤はとにかく多忙です!日勤の人たちから引き継ぎをしなくてはならないので、日中に何が起こったかを正確に把握するのが大変です。

また、夕食の配膳や薬の準備など、やることが多くてバタバタしていますが、21時頃を過ぎればあとは時間的にも余裕があって、準夜勤を組むパートナーによってはだいぶリラックスした時間を過ごすことができます。

慌ただしいですがその分時間が早く過ぎるので、いつも準夜勤のときはあっという間に深夜になります。


0_29
Cさん
準夜勤は、日勤よりも仕事の内容がギュッと詰まっています。そして日給・時給が高くておすすめです。

時給がよくて効率の良いアルバイトが可能で、ガッチリ稼ぐことができます。ちょっと体のリズムを日勤だけのときに戻すのが大変ですが、それでも体内時計が狂わないように早めに寝るなどの工夫をこらしながら、準夜勤を乗り切っています。


0_29
Dさん
準夜勤は、一緒に現場に入る同僚看護師次第で大きく変わります。気楽になんでも話せる人に出会えると、ハードな前半の勤務もなんとかこなせます。話が合わない人に出会うと、消灯後もしんどい思いをすることになります。

あらかじめ職場の雰囲気がわかっていて、先輩後輩関係や職場の人間関係の情報をつかめるところがいいですね。バイトで準夜勤に入るなら、スタッフとの相性が大事です。いい人に出会うと、あっという間に時間が過ぎます。

アルバイトとしては魅力的な準夜勤!

12
準夜勤は、それほど体に負担がない割に、稼げるアルバイトです。やることも多いのですが、そのせいかあっという間に時間が過ぎていきます。

昼夜逆転になってしまわないように気をつけながら、昼間の時間を楽しむことができるのが準夜勤の魅力です。

それほど体力を必要としないので、どなたでも準夜勤のアルバイトで稼ぐことができます。それほど経験も問われないので、ぜひ準夜勤のアルバイトで稼ぎましょう。

目的別ガイドライン

ママさん看護師バナー単発日払いバナー看護師時給バナー看護師時給バナー

ツアーナースも可能な転職サイト

MCナースネットバナー

-看護師バイトの働き方

Copyright© 看護師バイト完全navi※単発、転職、求人がワカルサイト , 2017 AllRights Reserved.