転職サービスサイト豆知識

求人サイト利用以外にはどんな求人の探し方がある?

投稿日:2015年5月29日 更新日:

【ハローワークとナースセンター】

image

求人サイトを利用しないで、就職先を探す方法としては厚生労働省が運営するハローワークもしくは都道府県看護協会が運営するナースセンターが挙げられます。

ハローワークを利用するには、求職申込が必要になります。最寄のハローワークで直接希望条件なども含めた内容を申込書に記入し、ハローワークカードが発行されます。このカードをハローワークで検索を行う場合は持参します。また、自宅でインターネットを利用して検索する際もハローワークカードに記載されている登録番号を使用します。このハローワークカードには有効期限があり、受理した日の翌々月の末日までとなっています。

ナースセンターは、インターネット上で登録をすることで検索が可能となります。ナースセンターは各都道府県から各看護協会が指定を受けて設けられており、人材確保と看護師の働きやすい環境作りなども同時に行ってる事業所です。

【ハローワークでの求人の探し方の特徴】

image

ハローワークを利用しているのは、看護師だけではありません。時間帯によってはとても混雑していて驚きます。

ハローワークカードを持参し、受付で検索をしたい旨を伝えると、使用するPCを指定されます。これ、ちょっと窮屈な気持ちになります。好きな席でというのが出来ません。インターネット検索と違うところは、気になった求人があった場合、現時点での応募状況や詳細についてすぐに相談ができるというところ、更にインターネットでは朝1回の更新だけなのが、ハローワークでの検索はリアルタイムに更新されているという違いがあります。

求人サイトの担当者が手取り足取りというイメージに対して、ハローワークは「あなたの気持ち次第です。」という感じがしますが、面接も履歴書の書き方・添削などもきちんと相談にのってくれます。それぞれのセミナーも充実しています。ハローワークのみでの求人も勿論あるようですが、求人サイトとかぶっているものも多々あります。情報収集で利用するという活用方法もあるかもしれません。

退職することが決まったら、同時に失業保険制度についても知り手続きをしながら求職することも忘れないでいたいところです。

【ナースセンターでの求人の探し方の特徴】

hellowork_mendan

ナースセンターはハローワークと違って看護師(保健師・助産師)を専門に取り扱っているという部分と、各都道府県にあり地域に強いと考えられます。相談については、ナースセンターでも行われますし、ハローワークでも受けられるという体制になっています。ハローワークよりも看護協会関連ということもあって、馴染みとしてはこちらのほうがあるかもしれませんね。

因みに、看護協会会員の有無は関係なく利用することができます。また、県外の検索もできるようです。
地元への貢献であったり、地元の情報を知りながら転職を希望する場合に利用すると、より満足度があがるのかもしれません。

看護師アルバイトの探し方なら看護師バイト完全naviにおまかせ!

目的別ガイドライン

ママさん看護師バナー単発日払いバナー看護師時給バナー看護師時給バナー

各転職サイトの特徴と強み

ナースではたらこバナー MCナースネットバナー 看護のお仕事バナー

-転職サービスサイト豆知識

Copyright© 看護師バイト完全navi※単発、転職、求人がワカルサイト , 2017 AllRights Reserved.