働く場所で選ぶ看護師バイト 看護師バイトの仕事内容

デイサービスの看護師バイト&パート転職&求人がワカルページ

投稿日:2015年9月28日 更新日:

img_27

31
デイサービスとは通所介護のことです。
食事や入浴・リハビリ・レクリエーションなどを日常生活援助とともに、複数人で一緒に楽しみながら過ごすことができる日帰りの介護サービスです。

デイサービスにもいくつか種類があります。

通常規模・大規模デイサービス

img_22
一度にたくさんの利用者を受け入れ、比較的長時間過ごすことができる場所があります。

一人ひとりというよりは、集団での介護を行っている場所です。

民家型デイサービス

img_21
少人数の受け入れで、個々によりあわせた介護を受けることができる。

バリアフリーでないところがあったりはするが、お風呂は一人ずつ入れたりよりプライバシーも守ることができる場所です。

リハビリ型デイサービス

img_23
リハビリが目的で通所する人対象なので、比較的短時間の滞在向けのようです。

午前のみ午後のみといった利用もできます。
リハビリが中心のこういったところをデイケアとも呼びます。

img_08単発バイトや週固定のバイトで、デイサービスの案件は多いほうだと感じられます。
デイサービスの特徴を知りながらバイトに望むことで、「思っていたのと違う」というギャップを少しでも少なくすることが可能になります。

初めて経験する場合は特にギャップに悩まされる人が多いと聞きます。

病棟やクリニックとは完全に異なる場所であることを分かっていても、全く異なる職場に適応するためにはデイサービスという場所の特徴を踏まえておく必要があるのです。

デイサービスの業務内容と必要最低限のスキル

デイサービスの業務内容の主となるところは、介護=食事・清潔・排泄に始まり、リハビリやレクリエーションによる機能回復訓練、交流の場の提供です。

これらの中で、看護師にしかできないことというのは、バイタルチェック・服薬(インスリン注射含む)であったり、胃ろう管理・褥創管理・創傷処置ということになります。

介護福祉士と協力して、分担をしながら働いているというところが殆どではありますが、定着した看護師がいなかったり、バイトで入ったりすると、毎日関わっている介護福祉士のほうが利用者を良く知っているという視点から、看護師の領域と思われるところ(よく聞かれるのが服薬部分)をやってしまい、ヒヤッとするということになる場合もあるというエピソードもあります。

img_29

老人ホームのように入所しているわけではないので、デイサービスではそういった場面は少ないですが、少ないからこそ、たまに医療行為のケアが必要な方が利用することになると、お互いに境界がわからないままというのは実際あると考えられます。

必要最低限のスキルは以下5つです。

  1. バイタルサインの測定と測定値からの状況判断
  2. 内服管理(薬剤の知識)
  3. 軟膏・褥創処置
  4. インスリン注射
  5. 経管栄養管理

最後に、接遇面やコミュニケーションといったところが重視されていることを忘れないようにしたいです。

因みに、デイサービスでは採血は殆どありません。

デイサービスと老人ホームの仕事内容では大きな差はありませんが、デイサービスのほうが自立度や利用時間が短いことからなどの理由により医療行為は少ない職場です。

デイサービスがバイトとして人気があるのは何故?

転職したい!と思ったときに、次に働くのにはどのようなところがよいか考えますよね。

大きな病院で毎日追われるように仕事をしていた人で、少しゆっくりした環境で働いてみたいと思う場合もあれば、体調を崩してしまい、ゆっくり残業なく働きたいといった場合もあるかもしれません。

img_28

そういった時、ちょっとやってみようかな?と興味をもつ1つにデイサービスがあります。
近年は、こういったデイサービス・デイケアをいった短時間の高齢者をサポートする施設が増えています。

それに伴い、医療従事者の需要も多くなってきており、バイトではたくさんの地域で選択して働くことが可能=通勤時間の短縮・プライベートな時間の延長というところで人気が高くなっていると考えられます。

デイサービスのバイト案件でよく見られる条件を紹介したいと思います。
デイサービスでよく見る案件の内容や持ち物、時給です。img_24

  • 内容:デイサービス
  • 時給:¥1,700
  • 服装:白衣持参・シューズ持参

※運動機能訓練、入浴介助あり
※胃ろう・褥瘡・経管栄養・ストマ・カテーテル・バルーン・インスリン・吸引・認知症対応あり
※介護業務専任としてご勤務頂く場合あり

img_25

  • 時給¥1,700
  • 内容:デイサービス
  • 服装:動きやすい服装、シューズ持参

※リハビリ対応
※介護業務・環境整備業務(掃除・食洗)などあり
※ご利用者様休憩時における補助業務あり
※機能訓練参加有
※PC操作あり

img_26

  • 時給¥1,600
  • 内容:デイサービス
  • 服装:動きやすい服装・シューズ持参

※経鼻栄養・吸引・インスリン・胃ろう・ストマ処置有
※男性不可

このように、各デイサービスの特徴を見ながら、バイト先を選択することが可能です。
時給は平均1500円~1900円が多く、前日に募集があるような案件に関しては2000円以上ということも。
そして、最後の例3にみられるように男性不可という場合もあります。

地域による時給の差に関しては、関東圏と比べて最大時給で500円違うこともあります。
 
MCナースママさん看護師トップ

デイサービスで働くメリットとデメリット

デイサービスで働きたいと思うきっかけは

  • 少しゆとりをもって仕事をしたい
  • プライベートを充実させたい
  • 介護中心の仕事がしたい
  • 自身の体調管理をしながら働きたい

など色々あります。
そういった希望をデイサービスはかなえれくれます。

メリット

OK02小
特にバイトやパートで入る場合は、土日はお休みを希望し、条件が合えば希望通り働けます。
介護に興味をもって働き、自分のあった場所であるかどうかの見極めをする時間も与えられています。
常勤を考えた場合も、歓迎されることも多いのではないでしょうか。

デメリット

NG02小
デメリットとなる部分は、お給料としては病院やクリニックなどに比べると低賃金であることだと思います。
医療行為が少ないというところでは、どうしても差がでてしまうようです。

また、一人で対応するというところもあり、そういった場合経験が必要になります。

メリット・デメリットを分かりながら納得して働ける人は、育児中であったり、退職後の再雇用で働く年齢層です。
両者ともに、収入面への優先順位は低く、かえって扶養内で収まる程度の働き方をしたいという希望を叶えることも可能だからです。

デイサービスで働く看護師あれこれ

デイサービスで働く場合、一番心配・不安になってしまうのは「急変時」なのかもしれません。

img_30

病院と違ってすぐに医師がいるわけではありません。
初期治療に関しての責任ということを考えてしまうと、急に自信がなくなってしまうということもあるかもしれません。

しかし、日常的な部分で頻回にあることではないことが前提にあります。
そうなる前にいつもと違うというサインや、事故を起こさないように安全を確保するというところから考えることで、遣り甲斐をみつけることができるのかもしれませんね。

口コミでは、やはり軟膏や創傷処置での薬剤の選択や、測定したバイタルサインの判断で迷うというものがみられます。
経験やご家族やご本人とのコミュニケーションで融通をきかせながら対応しているというのが見受けられます。

デイサービスに向いていない看護師は、人の話を最後まで聴くことができない人です。
利用者の言葉・家族の言葉・一緒に働く医療従事者の言葉、これらを聴くことをしないで「バイトだから」という割り切りを前面に出すような働き方では、うまくやっていけないですよね。

また、判断・決断ができず利用者や介護福祉士を困らせるようなタイプも向いているとはいえません。

デイサービスの看護師の口コミ

実際にデイサービスの看護師として働いている人の口コミをピックアップしてみました。

img_33MKさん
結婚し子供が生まれ、息子が3歳になってからデイサービスの看護師として働き始めました。
同期だった人は、いつの間にか主任になっていたり、学生の指導を任せられていたり…。
正直言うと、何だか置いてきぼりをくってしまった気持ちになったこともありました。でも慌ただしくバタバタしていないので、じっくりと利用者の方と向き合いながらケアできる…そういった面では満足しています。
子供が小さいうちは、融通が利く職場の方が合っている気がします。

 

img_31TYさん
今の職場は、幼稚園の行事など都合にあわせてもらえるので助かってます。
以前勤めていたところでは、手術室と病棟でそれぞれ3年ずつ働いていましたが、こんなふうに融通してもらうなんて絶対に無理でしたからね。
今は、いつか役立つと思いケアマネをとろうと思い勉強しています。

 

img_32SAさん
忙しさと人間関係に疲れて、デイサービスの看護師へ転職しました。
一緒に働いている看護師は、二人とも年配の方でとても良くしてもらっています。定時に終わるし夜勤もないので、自分の時間も持てるようになり気持ち的にも余裕が出た気がします。笑顔が増えたと、友だちにも言われるようになりましたね。

 

幾つもの口コミを見てみましたが、小さい子がいて融通が利く点が良いという声が多いですね。
それと同時に、最新の看護から遅れてしまうのでは?といった不安を持つ人も少なくないようです。
ただ、こうした経験もいずれ役立つときがくると考えている人も多くいました。
子どもが小さいうちは、余裕のある働き方をするのも良いかも知れませんね。

転職したい!デイサービスで働く看護師が転職したいと思う瞬間と求人サイト

デイサービスは、病院など経験してから働くパターンが多いです。デイサービスから転職したいと思う
場合は、「やっぱりもう少し医療行為のあるところで忙しいほうが遣り甲斐がある」「デイサービスが長く、他も経験してみたくなった」というような理由が推測できます。
 
MCナースママさん看護師トップ
デイサービスに強い求人サイトベスト3は以下です。

5d7BjAHtMy1zn5u1444808385_1444809182

目的別ガイドライン

ママさん看護師バナー単発日払いバナー看護師時給バナー看護師時給バナー

ツアーナースも可能な転職サイト

MCナースネットバナー

-働く場所で選ぶ看護師バイト, 看護師バイトの仕事内容
-, ,

Copyright© 看護師バイト完全navi※単発、転職、求人がワカルサイト , 2017 AllRights Reserved.