看護師バイトの働き方

看護師単発バイトする人の多くの働き方やニーズまとめ

投稿日:2015年5月12日 更新日:

image

結婚後であったり育児中であったりとライフスタイルの変化に伴った場合や日勤のみ働きたい、縛られず色々なことを経験しながら働きたい、就職はしているが空いている時間にもう少し稼ぎたい、次の就職先を探すまでのつなぎで働きたいと思う場合に単発バイトを選択する人が多いと考えられます。
「看護師不足」とはよく聞きます。男性看護師も増えてはいますが、まだまだ女性の職場です。
産休代員という言葉もあるように、女性には結婚・妊娠・出産を経過することが多く、これら一定のサイクルを経ながら職場側も環境を保っていく必要があるといえます。

image

アルバイトには色々な働き方がありますが、その中でも単発バイトに求められていることは何でしょう。それは、必要なときに対応できる経験とスキルをもった看護師を雇いたいということが一番に挙げられると思います。
しかし、職種によってはブランクがあっても、看護師資格をもって基本的な看護の知識があればというものもあります。

前者のように経験やスキルを求められるものは、健診や献血車での採血であったり夜勤専従、救急外来や専門分野で求められるような業務(内視鏡検査・人工呼吸器・透析など)があります。これらは単発の場合は「未経験でも安心」とはならないでしょう。
長期のバイトであれば、こういった専門業務でも「未経験歓迎」という場合もあるようです。単発で看護師不足で入って欲しいと思っている雇い側からしたら、単発バイトに丁寧に教える体制が整っているとは思えません。

一方、後者で述べた基本的な看護とは、バイタルサインの測定とアセスメントや食事・排泄・清潔ケアができるという部分を指します。
こういった業務で募集あがるのは、療養型病院やデイケア・特別養護老人ホーム・訪問入浴・ツアーナースあたりでしょうか。
勿論、後者の場合でも単発バイトで、教えてもらおうという気持ちで入っていくことは危険であり、単発バイトではある程度自身で判断して行動できる力が求められます。

看護師で単発バイトをするメリットとデメリット

目的別ガイドライン

ママさん看護師バナー単発日払いバナー看護師時給バナー看護師時給バナー

ツアーナースも可能な転職サイト

MCナースネットバナー

-看護師バイトの働き方

Copyright© 看護師バイト完全navi※単発、転職、求人がワカルサイト , 2017 AllRights Reserved.