看護師バイトの働き方

看護師の人の子育て!みんなパートで出勤してる?

投稿日:2015年5月12日 更新日:

image

ママさん看護師の生き方は本当に様々です。結果、潜在看護師と呼ばれる看護師は全国で55万人もいるといわれています。
これらの多くは妊娠・出産・育児のために一旦仕事を辞めたという場合ではないでしょうか。看護師としてだけでなく、女性としての人生を考えざるを得ない時期があるんだなと、子どもを目の前に改めて考えさせられます。
同時に、そういった年代は社会の中でも職場の中でも一番の働き盛りであることにも気づかされます。自分のため・お金を稼ぐため・家族との時間をつくるため、そんな風に何を優先すべきなのか考えていくと一番よい方法として、家族を優先した時間で働き、自分のお小遣い程度は稼げるようにしたいという結論に至ります。そして、意外にもこんなわがままな条件ではあっても叶ってしまうのです。

image

「パート」で働くということは、子育て中の看護師に適した働き場所といえます。
福利厚生の整った大きな病院で夜勤もしながら働いているママさんだっていますし、完全にしばらくは働かないと専業主婦をしているママさんもいます。しかし、これらは何か物足りない気持ちになってしまうことが多くみられるような気がします。
キャリアやお金はあっても、家族との時間がない。家族との時間はたっぷりあっても、ブランクが空けば空くほど本当に復職できるか自分自身に不安を抱えてしまうなど。

パートで働いているママさん看護師をみていると、どこか割り切ってはいながらも働いている時間、生き生きとみえます。
同じ子どもをもつ者同士、子どもの話を休憩時間にしてちょっとした相談もお互いにしたりもします。ママ友とは違う距離感で子どもの話ができるというのもとても貴重な時間です。

立場の異なる女性が一緒に働く環境になりやすい大きな病院よりも気兼ねなく話すことができるのです。家庭環境や個人の考え方で違いはあるもののパートで働いている、もしくは働きたいなと思っているママさんは多いはずです。
そして、勤務形態を「パート」とすることは、違う立場で働くスタッフとうまくやっていける環境作りに役立っていると感じます。

仕事ともプライベートもいきいきと♪ママさん看護師を看護師求人サイトは応援します

目的別ガイドライン

ママさん看護師バナー単発日払いバナー看護師時給バナー看護師時給バナー

各転職サイトの特徴と強み

ナースではたらこバナー MCナースネットバナー 看護のお仕事バナー

-看護師バイトの働き方

Copyright© 看護師バイト完全navi※単発、転職、求人がワカルサイト , 2017 AllRights Reserved.